「離婚と不倫の真実」

離婚

「離婚」という人生の大きな選択をお考えになる方は現代社会では多く存在している。

その数も4人に1人の高い割合まで上がってきている。

離婚理由は本当に様々であり、生活環境の激変からの離婚や生活苦から離婚も理由としては多くなった感がある。

探偵目線で離婚についてお話しすると、浮気や不倫といった男女問題がどうしても本題となってしまう傾向が強く、現代の離婚理由に一番多い「性格の不一致」とはならない。

性格があわないという離婚理由は、一緒に寝起きを共にして初めて垣間見れるものかもしれないが、結果的にお互いに我慢できない部分が多ければ多い程、離婚する確率が高くなると言えるだろう。

特に晩婚化が進む現代においては、収入の低い異性に魅力が無く、女性が社会的にも認められたポジションで収入も多いケースでは、結婚は「子供を産むこと」だけが目的と考える傾向も否定できない。

日本に限ったことではなく、他の多くの国で同様な意識は存在していることだろうが、結婚を深く考えずに相手の性格を重要視していなかったケースも考えられなくはない。

探偵目線の離婚と不倫

ところで、先程お話しした探偵目線の離婚理由である「男女問題」も上位に表示され3位から5位といった感じである。

男女ともに上位の離婚理由ではあるが、社会背景なのか、異性との恋愛やトラブルにより離婚となるケースは増加傾向にはないと言える。

収入に余裕が無い生活環境下では、他の異性との交際に出費できる人が減少しているとも考えられる。

しかし、男女共に10位以内に「性の不一致」が離婚理由にある事から考慮すると、実は表面上の理由と本当の理由とで多少の相違があるのではないか?と考えている。

パートナーである御主人や奥様との間で「本当の私は●●なのに・・・」と自分をさらけ出すことができない夫婦関係。

探偵が過去に浮気や不倫で素行調査した人物の多くにおいて、パートナーには無い魅力を異性に求めている傾向が確認されているのである。

見た目や体型が好みな異性を選び浮気相手としている方や、言葉の暴力を振るわない優しい異性を選び癒される時間を求めて浮気を繰り返す方などが多く存在する。

これは余談であるが、探偵から見て「御依頼者の男性や女性の方が魅力的なお顔立ちやプロポーションの方が多い」事に驚かされるのである。

通常皆さんが考えがちな「浮気相手はスタイル抜群」などとの想像とは逆のケースも多い。

離婚に発展しがちな浮気や不倫は、それぞれ「パートナーには無い何かを求めて行動した結果」であると言えるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする