求められる探偵像とは

御依頼者が探偵に相談をする際に不安に思っていることは幾つか存在している。

例えば「探偵が信用できるか?」や「高い調査費用に見合った結果が得られるか?」などが挙げられるが、これらはご相談時の主な不安要素ではないかと感じている。

探偵に調査依頼を考えることなど一生を通して幾たびも訪れないのが普通であり、おそらく相応の費用がかかることを覚悟して相談に訪れているであろうと察する。

これはどんなに小さな調査案件であっても同様である。

当然、探偵がどのように対応するかが重要となり、自分本意の提案や自分が考える想定などを押しつけていては御依頼者の納得は得られない。

探偵業界を取り巻く環境は過去最悪な状況と言える昨今において、依頼者のニーズに応えられない一方通行な考え方は現実的では無く、双方が納得できる提案、言わば「win-win」のスタイルを確立した探偵の存在が求められている。

例えば、高額と言われる探偵の調査費用に関してのお話しをしてみよう。

どのような業種であっても必要とされる人員に対する「人件費」が存在するが、探偵業もこの人件費があるために格安費用での仕事を実現することが困難な業種である。

ネット上に掲げられる浮気調査などの格安費用や低料金の多くは「1時間単価」や「簡易調査」等の料金を提示しているだけであり、本来の調査全てを終了した段階での費用の総額とは全く異なっている。

はっきりいえば、本来の浮気調査がそれらの探偵業者の言う通りの格安費用や低料金で終わる事実は存在しないと著者は考えている。

後々にトラブルとなるような誤解しやすい価格表記・料金表などは避け、ご相談者が求める調査全体での見積り金額を正直に告げて、納得していただいた上で調査契約を結ばなければならない。

これらを手抜きして「格安」「安い」等の売り文句によってお客さんを引っ張ることを前提とした業者の考え方は「説明不足や誤解によるトラブル」「言った言わないの口論」等の原因となるものである。

さらに「前金」で調査費用が必要である、もしくは実動費用にプラスした「成功報酬」などの探偵の提案の多くは、仕事の内容や結果よりもまず「依頼者からより多くのお金を得よう」との下心が表に出てしまっているように思う。

どのような業種でも「行った仕事に対する対価をいただく」という基本的な考えをもってお客さんと接するのが誠実な対応であり、世間から求められる探偵像もまさにこれであるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする